内臓の不調が身体に表れる

2016/01/21 15:00
内臓体表反射と体表内臓反射 こんにちは!セルフケアコーチの松浦です。 内臓の不調が、背中など体の表面に反射してコリや痛みとして表れる場合があります。 このような現象を内臓体表反射と言います。 逆に体表のコリや痛みに刺激を加えて内蔵を改善していくことができます。 これを体表内臓反射と言います。 肩こりや腰痛・背中の痛みがある場合に、絶対に内臓が悪いと決めつけてはいけませんが、 内臓体表反射の事も知っていると、可能性として不調の原因を考えることができ..

続きを読む

足裏から健康になる方法

2016/01/20 15:00
足裏の反射区 こんにちは!セルフケアコーチの松浦です。 足には反射区というのがあり、人間の身体の臓器や骨 ・神経などの各部が足に投影され、反射・関連しています。 効果は 血液循環の改善・ 内臓の機能向上・ 内分泌系の調整 ・ 免疫機能を高める・ リラックス作用などがあります。 病院の検査で異常がなくても内臓の機能低下があると痛みなどの反応が出ます。 内臓の機能低下は、なかなか自覚症状に出ないのでわかりずらいですが、 肩こりや腰痛などの症状..

続きを読む

横隔膜のセルフケア

2016/01/14 15:00
横隔膜を柔らかくする方法 こんにちは!セルフケアコーチの松浦です。 横隔膜を柔らかくする一番簡単な方法は、腹式呼吸をすることです。 http://selfcare0358.seesaa.net/article/429828371.html <横隔膜を刺激して柔らかくする方法> ※呼吸は腹式呼吸で行います。 ①座った状態で、お腹側の肋骨の下辺の縁に指を痛くない範囲で引っかけます。 ②息を吸う時に、肋骨と一緒に指を上方へ引き上げます。 ..

続きを読む

座ってできるストレッチ

2016/01/04 15:00
座ったまま気軽に出来るストレッチ こんにちは!セルフケアコーチの松浦です。 ちょっとした時間に、どこでもする事が出来ますのでお試し下さい。 長時間座り続ける事が多い方にもおすすめです。 長時間同じ姿勢でいると筋肉は緊張し、 血液循環が悪くなり、各部位にコリや痛みが生じます。 疲れをためないように出来るだけストレッチを行いましょう。 *呼吸をとめず、リラックスした状態で無理のないように行いましょう。

続きを読む

首と肩のセルフケア

2015/12/23 15:00
肩甲骨寄せストレッチ こんにちは!セルフケアコーチの松浦です。 <肩甲骨寄せストレッチの方法> 1.立った状態で、両手を後ろに組みます。 2.そこから、組んだ手の平が自分の方→下→後ろになるように返してください。 逆に手を返すと効果がありませんので、注意してくださいね。 3.そして、組んだ両手を天井方向へ動かしていきます。 4.上体は少しずつ前かがみにしていき、その時に顔を上げます。 ポイントは肩甲骨が寄っていくイメージと首の前..

続きを読む

首のセルフケア

2015/12/01 15:00
ストレートネックになっていませんか? こんにちは!セルフケアコーチの松浦です。 パソコンやスマホなどで下向きの姿勢を続けていると ストレートネックになり、首の痛みや肩こりなどになります。 首や肩がこらないように時々セルフケアをしましょう。 <首をそらすストレッチ> 1.座位で背筋を伸ばし、良い姿勢になります。 2.顎を引きながら、頭を斜め後ろ上方へいける所まで持ち上げます。   3.顎を引いた状態でゆっくり上を向きます。 4.こ..

続きを読む

もっと見る