血液とリンパの違い

血液とリンパの流れ

こんにちは!セルフケアコーチの松浦です。

血液とリンパの体液は、流れ方に大きな違いがあります。

血液の流れは、動脈も静脈も心臓のポンプ機能によって、全身を循環しています。

動脈の主な役割は、身体に必要な酸素や栄養素を細胞に届け、
静脈は、身体のいろんな所から出てきた老廃物や二酸化炭素を運んでいます。

血液は、心臓というポンプによって体内を巡っています。

リンパの流れは、心臓に向かう一方通行で循環しません。

リンパの主な役割は、血液から染み出た栄養素を回収したり、
血液では運びきれない栄養を運んだり、老廃物や余分な水分などを運んでいます。

リンパの流れが悪いと、免疫機能の低下や身体が疲れやすくなったり、
むくみやお肌の調子にも影響が出てくる事があります。

ただリンパには、心臓のようなポンプはないので自発的に収縮して、
リンパの流れを作らなければいけません。

リンパ管の周りにある筋肉がリンパの流れをよくするポンプの役割をしています。

血液とリンパの体液循環を良くする為には、出来るだけ身体を動かしましょう。

血液とリンパ.jpg


この記事へのコメント