良い睡眠が重要

睡眠の役割とは

こんにちは!セルフケアコーチの松浦です。

睡眠の役割は、脳(こころ)と身体を休ませることです。
寝る事によって疲労回復・成長ホルモンや免疫の向上・ストレスの解消などをしています。

寝ている時に無意識に動くのは、身体を調整して歪みを治しているんです。

睡眠には、浅い眠りの「ノンレム睡眠」と深い眠りの「レム睡眠」のサイクルがあり、
約90分周期で一晩に4~5回、一定のリズムで繰り返されています。

レム睡眠は、体の機能の点検と頭の中の情報整理、記憶の固定をしているといわれています。
ノンレム睡眠は、安らかな眠りでこの間に脳は休んでいます。

睡眠前半の深い眠りの時に、脳下垂体から成長ホルモンが分泌されて、
身長や骨格の形成など身体を成長させる働きをしています。

大人になっても、このホルモンは分泌されていて、疲労回復や傷ついた細胞を修復したり、
新しい細胞をつくり出したり、新陳代謝を促進させる働きがあります。

老化防止、美肌づくりのためにも、睡眠は欠かせませんね。

大人になると成長ホルモンの分泌量は、減っていきますので、
安定した深い睡眠をしっかり確保することが重要になります。



この記事へのコメント